アレルギー、花粉症について|東京都文京区の神楽坂ホームケアクリニック|江戸川橋|飯田橋|

ネットで予約する

電話でのお問い合わせ tel:03-5579-2331

アレルギー

アレルギーとは

アレルギーは、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)にたいして、自分の免疫機能が過剰に反応してしまい、体に様々な症状をもたらします。植物、動物、食品、化粧品、金属、化学薬品、薬など様々なものがアレルギーの原因となる可能性があります。
アレルゲンを特定する検査を行い、そのアレルゲンを避け、内服薬、外用薬、舌下錠、注射などの治療を行います。アレルギーには、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、食物アレルギー、金属アレルギーなどの種類があります。

アレルギー性鼻炎

花粉やハウスダストなどのアレルゲンが、鼻や目の粘膜にふれることによって、アレルギー反応が起きます。
くしゃみ、透明でサラサラした鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、涙などの症状がみられます。
花粉症として知られる季節性アレルギー性鼻炎と、一年中症状が続く通年性アレルギー性鼻炎があります。

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

植物の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎は、『花粉症』としてよく知られています。スギ、ヒノキの花粉の他にも、ブタクサ、ヨモギ、カモガヤなど、多くの植物の花粉がアレルゲンとなります。
花粉が飛ぶ期間にだけアレルギー症状があらわれます。複数の花粉にアレルギー反応を示す場合は、アレルギー性鼻炎の期間が長期化しやすくなります。
アレルゲンを避けることが重要なので、花粉症のシーズンはできるだけ高性能のマスク使用することをお勧めします。

通年性アレルギー性鼻炎

ハウスダスト、ダニ、ペットの毛、カビなどが原因で、一年中アレルギー症状が続きます。
室内を清潔に保つこと、掃除機だけでなく雑巾掛けも行うこと、換気をおこなうこと、湿気に留意しジメジメした環境にしないこと、空気清浄機を使用することなどの対策を行いましょう。
室内でペットを飼っている場合は、飼育環境の見直しが必要になる場合があります。

アトピー性皮膚炎

慢性的な湿疹、皮膚の乾燥、かゆみなどの症状が続きます。夏に汗をかいたり、強い日光を浴びたり、冬場の乾燥など、季節の影響をうけて、良くなったり悪くなったりを繰り返します。かゆくてがまんできず、皮膚を掻いてしまうと症状が悪化します。
ダニや食べ物が原因となっていることが多いです。適切なスキンケアが必要で、保湿剤やステロイド外用剤なども使用します。ステロイド外用剤の使用には不安な方もいらっしゃると思いますが、適正な量を正しく使用すればとても有効な薬剤です。薬を正しく使用し、副作用を回避し、湿疹をコントロールすることが重要です。
 

食物アレルギー

食べ物が原因となるアレルギーで、発赤、かゆみ、じんましん、唇の腫れなどのほかに、お腹が痛くなるなどの消化器症状や、息がゼイゼイするなどの呼吸器症状をおこすこともあります。
成人での原因植物は、エビ・カニ、小麦、果物類、魚類、ソバ、鶏卵の順に多いと報告されていますが、他の食物もアレルゲンとなる可能性があります。エビ・カニは、食べただけで発症することがあります。食物によっては、①食べて、②運動して汗をかくと、2つの条件がそろった時に症状がでることもあります。
食物アレルギーは、乳幼児の約10%に認められますが、成長とともに消化管機能が成熟し、消化力が発達すると、次第にアレルギー症状がなくなり、原因食物が食べられるようになることも少なくありません。この場合、検査でもIgE抗体が陰性化します。鶏卵、牛乳、小麦の食物アレルギーは、0歳児で多いですが、学童期までに80%の子供で症状がなくなるという報告もあります。
一方、エビ、カニ、小麦、果物、魚類、ピーナッツ、ソバなどに対する食物アレルギーが学童期以降に出始めた場合は、成人になってもよくなる可能性は低いと考えられています。
原因となる食物を特定し、その食物を食べない事(食物除去)が大切です。

口腔アレルギー症候群

果物や野菜を食べた際、唇や口腔粘膜にじんましんが生じ、口腔内違和感や口腔内のしびれ、腫脹などのアレルギー症状があらわれます。悪化するとアナフィラキシーになることもあります。植物の花粉と、果物や野菜の構造が似ていることが原因でおこるアレルギー反応です。植物の花粉にアレルギーのある方は、下記組み合わせの食物でアレルギー反応があらわれる場合がありますので、注意してください。
 
ヨモギの花粉は、ニンジン、セロリ、メロン、キウイ、リンゴと似ています。
ブタクサの花粉は、バナナ、スイカ、ズッキーニ、キュウリと似ています。
ハンノキ、シラカバの花粉は、リンゴ、モモ、ナシ、サクランボ、アーモンド、セロリと似ています。
カモガヤの花粉は、メロン、スイカ、トマト、オレンジと似ています。
イネの花粉は、メロン、スイカ、トマト、キウイ、オレンジと似ています。
スギ、ヒノキの花粉は、トマトと似ています。

アレルギーの血液検査

アレルギーは、まず検査にてアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を特定することが重要です。アレルゲンが特定できれば、そのアレルゲンを回避し、症状を起こりにくくすることができるからです。
アレルゲンを特定するためには、血液検査で特異的IgE抗体をしらべます。当院でおこなっているアレルギー検査View39(ビュー39)では、一度に39項目(ヤケヒョウダニ・ハウスダスト1・ネコ皮屑・イヌ皮屑・ゴキブリ・ガ・スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ・カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・ヨモギ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・ラッテクス・卵白・オボムコイド・ミルク・小麦・大豆・ソバ・ピーナッツ・米・ゴマ・エビ・カニ・キウイ・リンゴ・バナナ・鶏肉・牛肉・豚肉・マグロ・サケ・サバ)のアレルゲンを調べることができます。
アレルギー検査View39は、保険診療でおこなうことができます。3割負担の場合、5,000~6,000円前後になります。予約は不要です。
重大なアレルギーを見逃すことがないよう、自分のアレルギーについてあらかじめ知っておくことは、とても大切です。

アレルギーの治療薬

アレルギーの内服薬は、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、抗トロンボキサン薬等があります。近年、眠くなりづらいお薬も開発されております。季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合、花粉の飛散が本格化する前から薬の内服を開始することで、初期の症状を軽減できると報告されております。アレルギー性鼻炎の症状が強い場合は、内服薬に加え、鼻スプレーも併用します。鼻スプレーは効果が高く、全身への副作用も少ない薬です。アレルギー性結膜炎の症状が強い場合は、内服薬に加え、点眼薬も併用します。点眼薬は、目のかゆみ、結膜の充血、涙目、目やになどの症状を改善します。コンタクトレンズ装着時でも使用できる点眼薬もあります。

受診の予約について

当院はのネット予約は、24時間受け付けております。公式LINEからも予約出来ます。公式LINEでは、感染症の流行状況や、予防接種ワクチンの入荷情報などもお知らせいたしますので、ぜひLINE登録をお済ませください。

友だち追加
 
  

診療時間・担当表ネットで予約する

午 前 8~13時 8~13時 8~13時 8~13時 8~13時
にしかわ
西川
内科
はしもと
橋本
内科
にしかわ
西川
内科
ばばぞの
馬場園
内科・頭痛・物忘れ外来
にしかわ
西川
内科
午 後 16~19時 16~19時 16~19時 16~19時 16~19時
にしかわ
西川
内科
はしもと
橋本
内科
にしかわ
西川
内科
くろだ
黒田
内科・呼吸器内科
にしかわ
西川
内科

は女性医師

ご予約・お問い合わせはこちらから
  • tel:03-5579-2331
  • 予約フォームはこちら