高血圧の治療について|東京都文京区の神楽坂ホームケアクリニック|江戸川橋|飯田橋|

ネットで予約する

電話でのお問い合わせ tel:03-5579-2331

高血圧の治療

高血圧とは

ご自分の普段の血圧はご存知でしょうか。血圧を毎日測定している方は、あまりいらっしゃらないかもしれません。健康診断で初めて高血圧と指摘されて、驚かれる方も少なくありません。高血圧とは、上の血圧(収縮期血圧といいます)が140mmHg以上、または下の血圧(拡張期血圧といいます)が90mmHg以上に高くなった状態のことです。この状態が続くと、『高血圧』と診断されます。

高血圧の症状

高血圧の症状は、何も感じないことが多いです(無症状)。ただし、あまりに血圧が高くなった場合には、頭痛、肩こり、ふらつき、気分不快などの症状が現れる場合もあります。普段から高血圧の治療中の方でも、あるときから血圧が上昇し、このような症状を生じることもありますので、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

高血圧がなぜいけないのか

高血圧の状態が長時間続くと、動脈硬化、脳卒中、脳梗塞、慢性腎臓病の原因になることが知られています。しかし、高血圧は無症状であることが多いため、自分では気づくことができません。健康診断で『高血圧』と指摘された場合は、放置せずに、かならず医療機関を受診することをお勧めいたします。

高血圧の診断

血圧は一定なわけではなく、常に変動しています。同じタイミングで測定したとしても、1分後には違う数値が出ることもあります。運動、階段、入浴、姿勢などによっても血圧は変動します。そのため、たった一度の血圧が高かっただけで、すぐに『高血圧』と決めつけることはできません。医療機関を受診し診察室で測定する血圧の値の他に、ご家庭でも血圧を『血圧手帳』に記録していただき、総合的に診断いたします。血圧をご自宅で測るタイミングは、①朝起きて、②トイレに行って、③朝食の前に、④2~3分座って安静にしてから測るとよいでしょう。

高血圧治療<生活習慣の改善>

健康診断で初めて高血圧を指摘された方、血圧が140/90mmHgを少し超えた程度の方、かつ他の病気がない方の場合には、生活習慣を整えるだけで改善する可能性も十分あります。以下の5つのポイントに注意して、生活習慣を改善しましょう。
 

① 塩分の摂りすぎに注意しましょう

日本の食生活は、塩分過多になりがちです。例えば、カップラーメン1食は、塩分を約4.5グラム含みます。梅干し1個は、塩分を約2グラム含みます。味噌汁一杯は、塩分を約2グラム含みます。日本高血圧学会では、一日の塩分摂取量を6グラム以内にすることが推奨されています。味付けが物足りない場合は、ケチャップ、マヨネーズや減塩しょうゆなど、塩分の少ない調味料を使いましょう。また、麺類のお汁は飲まないようにしてください。
 

② ストレスを減らしましょう

ストレスを感じたり緊張状態が続くとホルモンのバランスが崩れるため、血管が収縮し、心拍数が増加します。その結果、血圧が上昇してしまいます。ストレスには身体的なストレス、精神的なストレスがありますが、どちらも同じく血圧を上昇させます。お仕事等で体に疲れを感じた時は、積極的に気分転換をはかったり、休憩する時間を作りましょう。
 

③ お酒の飲みすぎに注意しましょう

長期間アルコールを摂りすぎることは、高血圧の原因になります。また、降圧薬が効きづらい体質になってしまいます。おつまみは塩分を多く含むものが多いため、よけいに血圧を上げやすいので注意が必要です。
 

④ 適度な運動をしましょう

このページを読んでいる方は、おそらくご自分の運動不足に気付いているのではないでしょうか。しかし、急に激しい運動をすることはケガの危険がありますし、なにしろ長続きしません。おすすめする運動は、ウォーキングです。まずは、1時間ウォーキングしてみましょう。1時間では物足りなかった方は、早足で1時間歩きましょう。大股で1時間歩くことも効果的ですよ。そして、三日坊主にならず、継続することが大切です。
 

⑤ 睡眠を十分にとりましょう

睡眠不足は、交感神経が高ぶった状態をもたらし、夜間から翌日にかけても血圧をあげてしまいます。十分な睡眠時間を確保して、規則正しい生活をおくりましょう。
 

高血圧の治療<お薬による治療>

生活習慣の改善だけでは血圧が下がらない場合、他の病気もあり血圧を下げる必要がある場合は、降圧薬を内服していただくことになります。降圧薬には、ACE阻害薬、ARB、カルシウム拮抗薬、利尿薬、α遮断薬、β遮断薬などがあります。最近は、これらを組み合わせた合剤も使用されます。

『降圧薬は、一度飲み始めたら一生やめられないから、飲みたくない』とおっしゃる患者さんがおりますが、大きな誤解です。降圧薬を飲みながらでも、生活習慣の改善を続けているうちに、だんだん血圧が下がってくることもあります。その場合には降圧薬を減量したり、薬を終了することもできます。一方、降圧薬を内服しても、十分な降圧効果が得られない場合は、薬の容量を増やしたり、薬の種類を増やしたりして、適正な血圧コントロールが得られるよう調整が必要になります。

当クリニックでは、患者様に合わせたアドバイスや治療を行いながら、患者様の安定した血圧コントロールのための治療を行っています。

受診の予約について

当院はのネット予約は、24時間受け付けております。公式LINEからも予約出来ます。公式LINEでは、感染症の流行状況や、予防接種ワクチンの入荷情報などもお知らせいたしますので、ぜひLINE登録をお済ませください。

友だち追加
 
  

診療時間・担当表ネットで予約する

午 前 8~13時 8~13時 8~13時 8~13時 8~13時
にしかわ
西川
内科
はしもと
橋本
内科
にしかわ
西川
内科
ばばぞの
馬場園
内科・頭痛・物忘れ外来
にしかわ
西川
内科
午 後 16~19時 16~19時 16~19時 16~19時 16~19時
にしかわ
西川
内科
はしもと
橋本
内科
にしかわ
西川
内科
くろだ
黒田
内科・呼吸器内科
にしかわ
西川
内科

は女性医師

ご予約・お問い合わせはこちらから
  • tel:03-5579-2331
  • 予約フォームはこちら